注文住宅のメリットを知ろう

>

家族の希望を叶えるために

好きなデザインの住宅にする

自由に住宅のデザインを決められるのは嬉しいですが、好き勝手にデザインを組み込むと、実現できないと業者に言われる可能性があります。
また、生活を送りにくい住宅になってしまうかもしれません。
本当に自分たちの生活に必要な機能を考えて、住宅を作ってください。
家族構成を考慮すると、デザインを決めやすくなります。

小さな子供がいる家庭は、ケガをしないよう廊下に滑り止めを付けるのがおすすめです。
これは、ペットがいる家庭にもおすすめの機能です。
柱の角が尖っていると、ぶつかった時にケガをする恐れがあります。
できるだけ角は、丸くしておきましょう。
家庭内で事故を起こすケースが増えているので、予防できる住宅を心がけましょう。

将来を見据えて考えよう

今は、住んでいる家族がみんな健康で元気な身体をしているかもしれません。
ですが年齢を重ねると、身体が衰えます。
足腰が弱くなって、歩くことが難しくなるかもしれません。
高齢になった時でも快適な暮らしを送れるように、バリアフリー機能を追加するのがおすすめです。
階段や廊下に手すりがあれば、足腰が不自由でも自分の足で歩くことができます。

将来は、車イスを使って生活を送ることが考えられます。
その時に廊下が狭いと、スムーズに移動できなくなります。
車イスのことも考えて、廊下の幅を広めに設計するのもいいですね。
高齢になってからリフォームするという方法もありますが、費用が高くなります。
住宅を建てる時に、将来のことも考えてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る